堺市にある最短1回の施術で競技復帰できるスポーツ障害特化の整骨院

堀田鍼灸整骨院


膝・足に関する症状

膝痛

この様な症状でお悩みではありませんか??
  • 長時間座っていた後など、歩き始めの数歩が痛い
  • 膝の軟骨がすり減っている(変形性膝関節症)といわれている
  • ジョギングやスポーツのあとに痛みがでる
  • しゃがむ時など、膝を曲げ伸ばしで痛みが出る
膝.png

膝に痛みのある方の多くは骨盤が前、もしくは後ろに倒れており、それに伴って太もものネジレが起こるために太ももやお尻の筋肉が上手く使えていません。

当院では、施術によって骨盤の傾きを整え股関節の動きを改善するとともに、簡単な運動で施術の効果を維持させ、痛みが出にくい身体をつくります。
 

シンスプリント

この様なことでお悩みではありまんせか?
  • 走っている途中や走った後にスネのあたりに痛みがでる
  • 朝、起きてからしばらくは歩くとるとスネが痛い
  • 常にスネに痛みがあり、痛いところの骨がゴツゴツしている
シンスプ.jpg

シンスプリントは過労性骨膜炎ともよばれ、陸上やサッカー、バスケなど走ることが多い競技やバレーボールなどジャンプ多い競技のの選手に多くみられます。痛みが出るのはスネの内側と外側。痛みの場所によって原因が異なり、走ることが多い競技に多くみられる疾走型とジャンプすることが多い競技に多くみられる跳躍型があります。

筋肉の疲労が原因で、筋肉の付着部が炎症を起こしていると考えられていますが、当院では、足首の動きの改善やリハビリによって症状の改善を行います。多くは早期発見・早期治療により改善しますが、無理をしてプレーを続けると疲労骨折へと発展する場合があります。疲労骨折ではギプスによる固定などは必要なく、若干の安静と関節可動域の確保、リハビリによって症状の改善を行います。
 

捻挫(靭帯の損傷)

この様なことでお悩みではありまんせか??
  • クラブ活動中に捻挫してしまったが、試合が近く少しでも痛みをとりたい
  • 病院でねんざと診断されたが、1週間後(2週間後)に来てくださいと言われただけでどうしたらいいのか分からない
  • 病院でもう通院しなくてよいと言われたが、まだ痛みが残っている

捻挫とは、関節をひねり関節周辺に負荷がかかることで、関節を安定させている靭帯が損傷することをいいます。靭帯は細い繊維が何本も集まり束になった構造をしており、関節周辺にかかった負荷により靭帯の一部または全てが損傷または断裂されることで炎症や痛みが生じます。捻挫は、靭帯の損傷の程度により次の3つに分類にされます。

第Ⅰ度:靭帯繊維の軽微損傷であり不安定感は認められないもの。
第Ⅱ度:靭帯の部分断裂であり、不安定感が軽度から中等度にみられ機能障害が認められるもの。
第Ⅲ度:靭帯の完全断裂であり、関節の不安定感が著明にみられ、機能障害も高度なもの
捻挫.jpg


病院ではこれらの程度に応じて1~4週間程度の安静および固定を指示されることが一般的です。

捻挫はスポーツ外傷の中でも大きな割合を占めており、その中でも足関節捻挫に多く発症します。そこで以下では足関節捻挫について話を進めていきます。
足関節捻挫は発生起点により、足首を内側にひねることで足関節の外側靭帯を損傷する内反捻挫と、外側にひねることで足関節の内側靭帯を損傷する外反捻挫に分類されます。スポーツ外傷の中では内反捻挫が多く、外くるぶし(外果)の周辺にある前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯などの外側靭帯が最も損傷しやすい部位です。靭帯の損傷の他に内出血や腫れなどの症状が見られることもあります。

以前は患部を安静に保つというのが通説でしたが、近年は早期にリハビリを開始することが早期回復につながると証明されています。固定をして長期間安静にしていると、ほとんどの場合筋力が低下してしまいます。また足底にはメカノレセプターと呼ばれる感覚受容器があります。メカノレセプターは立位や歩行の際にどこに体重がかかっているか、身体はまっすぐに立てているかなどのセンサー機能の役割を担っています。しかし、このセンサー機能は使わなければすぐに機能低下を起こしてしまうという特徴があります。長い間足にギプスを巻いていた人は、ギプスが外れてすぐの頃は歩くときにバランスを崩しやすいということがよくあります。これはギプスで足が固定されている間、メカノレセプターを使う機会がなくなり、そのためにセンサー機能が低下してしまうことが原因です。これらのことから早期のリハビリを行うことにより、筋力の低下やメカノレセプターのセンサー機能の低下を防ぐことが重要になります。
当院では、アキュスコープマイオパルスを使用して疼痛の軽減を図るとともに、受傷直後より可能な範囲でリハビリテーションを開始します。治療とリハビリを並行して行っていますので、痛みの軽減に伴い段階的にプレーを再開し、結果として早期での競技復帰が可能となります。

 

肉離れ(筋挫傷)

この様なことでお悩みではありまんせか??
  • クラブ活動中に肉離れをしてしまったが、試合が近く少しでも痛みをとりたい
  • 病院で肉離れと診断され、痛みがなくなったら競技に復帰していいと言われたが
    復帰するとまた痛くなった
  • 肉離れをした後、痛みは軽減してきているが、筋肉の硬さや、張り感が取れない
  • プレー中に筋肉がつったようになり、時間がたっても痛みが取れない
肉離れ.png

肉離れは損傷の程度により、1度:筋肉の繊維に細かなキズがついたもの、2度:筋肉の繊維の一部が断裂しているもの、3度:筋肉の繊維が完全に断裂しているものに分類されます。病院では、しばらく安静にしたのち、痛みがなければ競技復帰してよいというところが多いようです。しかし、競技に復帰しても再発したり、思うようにプレーできないという理由で当院を訪れる方がたくさんおられます。

原因は、リハビリの不足です。痛みがなくなっても筋肉が損傷した部分は瘢痕組織と言って固い組織になっています。本来は、この瘢痕組織は筋肉を収縮させたり、ストレッチさせるなどの力学的負荷を加えることで、徐々に他の組織となじませ、以前と同じような活動ができるようになります。この力学的負荷を加える作業がリハビリなのです。リハビリが不足していると筋肉の機能が著しく低下し、再負傷のリスクが高まるばかりでなく、思うように力を発揮できなくなります。

当院では、アキュスコープ・マイオパルスを使用して疼痛の軽減を図るとともに、受傷直後より可能な範囲でリハビリを開始します。治療とリハビリを並行して行っていますので、痛みの軽減に伴い段階的にプレーを再開し、結果として早期での競技復帰が可能となります。


 

堀田鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒599-8107
大阪府堺市東区白鷺町1-3-10
メゾンプレアデス1階
アクセス:
南海高野線 白鷺駅 西口から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
072-253-0120
受付時間:
平日午前 09:00~12:30
平日午後 16:00~20:00
土曜午後 16:00~19:00
※水曜日は午前中のみの受付
休業日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ